select language
日本語 English 中文(簡体字) 中文(繁體字) 한국

news

07.03 sun .2022

ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」出演決定!

ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」への出演が決定しました!      


2022年11月26日(土)さいたまスーパーアリーナ  


詳細はliveページをご覧ください。

06.17 fri .2022

新曲「ベルベットの詩」が映画「アキラとあきら」(8/26公開)主題歌に決定!!最新予告映像で楽曲の一部を解禁!!

back numberが新曲「ベルベットの詩」で映画「アキラとあきら」の主題歌を担当することが決定しました!  


また、「ベルベットの詩」を一部聴くことができる映画の予告映像も公開となりました!! 

https://youtu.be/d5KPRBlu8-I


「アキラとあきら」は「半沢直樹」「陸王」など数々の大ベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤による、対照的な宿命を背負った二人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう感動巨編。原作の累計発行部数は70万部を突破し、勢いはとどまるところを知らず、満を持しての映画化となります。 

また、back numberの三木孝浩監督作品への主題歌提供は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2015年)の主題歌「ハッピーエンド」以来となります。   


=================  


どの角度からも後押しできる力強さを持った作品なので、『音』の部分は早々に心が決まりましたが『言葉』の部分では盛大に苦戦しました。 

書き込んで、歌い、直して、歌い、ぐしゃぐしゃに丸めて、また真っ白い紙に向き合う。 

この作業を何度も何度も繰り返す事が、『アキラとあきら』の中で、苦悩や葛藤に晒されながら生きる登場人物の1人として『ベルベットの詩』を招き入れて頂く為にとても重要だったように思います。 

傷も癒えないまま歩み続け剥き出しになった『中身』のような自分を、本能のままに叫ぶのではなく、美しいものだと願って歌う。 

もしかしたら自分達にとっても、いま必要な楽曲として生まれて来てくれたのかもしれません。     


清水依与吏(back number)  


-----------------------------  


三木孝浩監督コメント   


自分の弱さと向き合う不安に怯えながらも必死で何かに立ち向かおうとしていたあの頃の初期衝動を思い出させてくれるような、荒々しくも優しいこの歌に激しく心揺さぶられました。  


清水くんは自分のことしか歌えないと言うけれど無骨なまでに剥き出しに自分を晒して作る歌だからこそ他人事のように励まされるのではなく、聴く人それぞれが自らを奮い立たせるような応援歌になったのだと思います。  


皆さんにもぜひ映画『アキラとあきら』と共にこの歌で熱くたぎってもらえたら嬉しいです。                            


-----------------------------  


馮年プロデューサーコメント   


池井戸さんらしい骨太な人間ドラマでありながら、池井戸さんには珍しく若い二人の青年を主人公にした青春感の強い物語、それが「アキラとあきら」です。  


この作品を一人でも多くの方に楽しんで頂くために、世代を問わず多くの方々の心を震わせ、感動を届けてきたback numberさんしかいないと思い、主題歌をお願いしました。  


二人のアキラのように、生きること、働くことには、大なり小なり辛いことがあると思います。 そんな苦しい時、心が折れそうな自分を肯定し、エールを送ってくれるような、熱くて、優しい楽曲を制作して頂きました。  


スタッフ・キャストの力が結集した本編と、back numberさんとによる珠玉の主題歌。  


この二つが合わさって「池井戸潤史上、最も泣ける作品」になったと、自信を持って言えます。 

映画と主題歌、両方お楽しみいただけたら幸いです。                                    


=================   


【映画情報】  

■タイトル:『アキラとあきら』 

■原作:「アキラとあきら」(池井戸潤著/集英社文庫刊) 

■公開日:2022年8月26日(金)全国東宝系にて公開  


■出演:竹内涼真 横浜流星 

髙橋海人(King & Prince)  上白石萌歌 / 児嶋一哉  満島真之介 塚地武雅 宇野祥平 

奥田瑛二 石丸幹二  ユースケ・サンタマリア  江口洋介  


■監督:三木孝浩 

■脚本:池田奈津子  

■企画:WOWOW 

■制作プロダクション:TOHOスタジオ 

■配給:東宝  


■『アキラとあきら』公式サイト 

https://akira-to-akira-movie.toho.co.jp/

05.24 tue .2022

“SCENT OF HUMOR TOUR 2022” NEW GOODS発表!

SCENT OF HUMOR TOUR 2022 NEW GOODSが完成しました! 

5月28日(土)のさいたまスーパーアリーナ公演より販売開始します!


商品の詳細はツアー特設サイトgoodsページをご確認ください!   


【通信販売について】 

SCENT OF HUMOR TOUR 2022グッズは、通信販売でもご購入いただけます。 

新商品の通信販売は、5月28日(土)18:00より行います。 

会場限定アイテムの通信販売はございません。 

通信販売のご利用詳細は、online shopにてご確認ください。   


【注意事項】  

※新型コロナウイルスの影響により、海外生産アイテムについては生産及び納品に時間を要す場合もございます。お届け時期が変更になってしまう可能性もございますため、予めご了承ください。遅延が発生することが判明した場合は、即日ご案内させていただきます。  

※他商品を同時にご購入いただいた場合は、商品が全て揃ってからの発送となります。  

※お届けに関する内容、配送時期に関する内容には対応出来かねます。  

※配送会社の配送状況により、地域によっては商品の到着にお時間をいただく場合がございます。  

※商品のキャンセル、返品、変更、交換、複数注文のおまとめは受付出来かねます。      



皆様のご利用をお待ちしております。

04.02 sat .2022

one room会員限定“SCENT OF HUMOR TOUR 2022”連動企画実施中!

◎新規入会&お友達紹介キャンペーン 

ツアー期間中「one room」gold key(年額)にWEBよりご入会いただいた方に、各会場FCブースにて『one roomオリジナルステッカー』をプレゼント! 

ご紹介者様(gold key)にも同じくプレゼント!   


キャンペーン期間:4月2日(土)〜7月21日(日)  


▼back number official fan club「one room」ご入会はこちら 

http://oneroom.info/feature/entry



◎びらっくまオールスターズみくじ 

one room会員限定でツアーの公演日に引くことができるおみくじです! 

依与吏が描き下ろした個性豊かな”びらっくま”の壁紙や、 あなただけに向けたラジオ番組が当たるかも!?   



◎SCENT OF HUMOR TOUR 2022 staff report 

舞台裏でのメンバーの様子や熱気を帯びる会場をスタッフがレポート!   



企画の詳細、ファンクラブブースについては、ツアー特設サイトfanclubページにてご確認ください。

03.24 thu .2022

“SCENT OF HUMOR TOUR 2022”会場でのグッズ販売について

“SCENT OF HUMOR TOUR 2022”会場にて、グッズ販売を行います。 

各会場のガイドラインに沿った感染予防対策を行い販売いたします。係員の指示に従ってご利用いただけますよう、ご協力お願い申し上げます。  


販売時間、会場MAPについては、goodsページにてご確認ください。 

開演直前は大変混雑いたしますので、お早目のご利用にご協力ください。  


皆様のご利用をお待ちしています。

  • 4/103

back