back number

news

2017.03.13mon

ゆずベストアルバム『ゆずイロハ1997-2017』にて、ゆず×back numberのコラボレーションが実現!

2人組アーティスト・ゆずが4月26日(水)にリリースするオールタイムベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』 で、詳細が明らかになっていなかった各ディスクの「スペシャルトラック」の全貌が公開。ゆずと関わりの深い、 いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARIら3組の人気アーティストとの豪華 ”ゆず楽曲”コラボレーションが収録されることがわかった。
『ゆずイロハ 1997-2017』は、デビュー20周年を迎えるにあたり、ファンやこれまでゆずを聴いてきた人はもちろん、 これからゆずを聴く人にとっても最適な、入門編ともいえるCD3枚組・全50曲という大ボリュームの集大成的 ベストアルバム。今回の選曲をしている最中、「20周年だからこそできる、おもしろいことができないか」 とい話し合いの中で、ゆずとさまざまな場面で親交のある3組の“後輩ミュージシャン”との コラボレーション案が浮上。その後、ゆずが自ら各アーティストにオファーを行い、3組それぞれが快諾。 単純なカバーやトリビュートにとどまらない、レーベルの垣根を越えた豪華トラックが誕生した。
現在“放牧期間中”のいきものがかりは、昨年秋頃から年末にかけてレコーディングを実施。 いきものがかり結成のきっかけとなった、吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊3人での初めての路上ライブで披露した 楽曲が「夏色」だったこともあり、過去にはゆず主催のライブイベントで共演したこともあった。 今回はいきものがかりのイメージから2013年リリースの「イロトリドリ」を選曲し、 お互いアレンジのアイディアを出し合いながら制作を行った。
back numberとは、過去メディア出演の際にボーカル・清水依与吏が好んで聴いていたと公言していた 5thシングル「サヨナラバス」(1999年発売)をバンドセッション。 Fukase(Vo)とNakajin(Gt)が知り合ったきっかけがゆずだというSEKAI NO OWARIは、メンバーたってのリクエストで、 ゆずの初期楽曲「悲しみの傘」(1999年発売の2ndアルバム『ゆずえん』収録曲)をセッション。 3組それぞれのストーリーや想いが込められた、ここでしか聴くことのできない3曲となっている。

<アーティストコメント>
■いきものがかり
ゆずさんに憧れて、高校時代に路上ライブをしていたいきものがかりメンバー3人。
なので、今回のコラボのお話は本当に嬉しかったですし、仮歌からレコーディングまで、
ワクワクしながら歌い、とても素敵な時間を過ごさせていただきました!
「イロトリドリ」、とても賑やかな楽曲で、ゆずさんとコラボさせていただいた楽しい空気感もたっぷり
伝わる曲になったのではないかと思います!
曲を聴いてくださる皆さんに、楽しんでいただけましたら幸いです!!!
(吉岡聖恵)

「ゆず」というグループがいなかったら、 僕ら3人の物語は始まってもいなかったわけで、 今回のコラボは、ヒナ鳥が親鳥のもとへ戻っていくようなものです。 20周年を祝う特別なアルバムに参加できたことは、 僕らにとって、つまりは、夢みたいなことでした。 北川さん、岩沢さん、本当に...本当に...ありがとうございました。
(水野良樹)

この度はゆずさんにコラボレーションのお話を頂き大変光栄に思っております。
ゆずさんがいなければ「いきものがかり」は存在しませんでした。
そんな、音楽、路上、そして神奈川の大先輩とのレコーディングはとても貴重な
そして純粋に楽しい経験でした。
宝箱をひっくり返したような楽曲に仕上がりましたので是非お楽しみください。
(山下穂尊)

■back number
原曲が好き過ぎてあんまり変えたくないし、自分達みたいに原曲を聴き込んでる人も違和感なく聴ける方
がいいなぁと思って。なのでサヨナラバスの爽やかな切なさが消えないで、でも出来るだけパワフルに伝
わるように、まっすぐ演奏して、まっすぐ歌いました。生まれて初めてのカバーが、この曲で、この形で、
この人達とで、幸せでした。
(清水依与吏)

■SEKAI NO OWARI
ゆずのマークを僕が上履きに描いてた事をきっかけにNakajinと仲良くなり、そして今のSEKAI NO OWARIに 繋がった僕たちにとって、このコラボレーションがどんなにミラクルな出来事か、計り知れません。大人 になってから歌った悲しみの傘は木漏れ日の中降る通り雨のような、あたたかい雨になっていました。
(Fukase)

■ゆず
20周年を記念したベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』発売にあたり、いままで他の誰もやったこと のない面白いことができないか考えていました。そんななか、カバーでもトリビュートでもない、今回の コラボレーションのアイディアが出てきました。先輩でも同世代でもなく、僕たちより若い、だけどとて もリスペクトしている3組のアーティストに声をかけさせてもらいました。僕たちにとっても新しい発見 ばかりの刺激的なレコーディング現場で、「イロトリドリ」「サヨナラバス」「悲しみの傘」に新たな息 吹がふきこまれました。いきものがかり、back number、SEKAI NO OWARI、ありがとう!

<商品情報>
2017年4月26日(水)リリース
YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM『ゆずイロハ 1997-2017』
【CD3枚組50曲】 SNCC-86931 定価:¥3,500+税 初回生産分:三方背ケース仕様
特設サイト http://www.senha-yuzu.jp/special/yuzuiroha/

2017.02.28tue

back number All Our Yesterdays Tour 2017 supported by uP!!! ファイナル沖縄公演JTBオフィシャルツアー決定!

ファイナル沖縄公演のJTBオフィシャルツアーの実施が決定しました!
まだ、沖縄公演の移動や宿泊ホテルが決まっていない方に色々なプランをご用意しておりますので是非ご覧下さい!
JTBツアー参加者限定特典としてオリジナルステッカー(非売品)をプレゼント!

[対象公演]
2017年6月10日(土)11日(日) 開場17:00/開演18:00
沖縄コンベンションセンター展示棟

*チケット付きツアー
[受付期間 -AIRプラン/現地集合プラン-]
2017年2月28日(火) 18:00 〜 3月2日(火) 23:59
※チケット付きツアーは抽選となります。

*チケット購入者向けアクセスツアー
[受付期間 -AIRプラン/現地集合プラン-]
2017年2月28日(火) 18:00 〜 3月31日(金) 23:59
※先着順となります。

詳しくはこちらをご確認ください。
http://www.jtbbwt.com/entertainmenttour/bn2017/


【受託販売】お問い合わせ/お申込み先
株式会社JTBビジネスネットワーク ツアーデスク
〒170-0013
東京都豊島区東池袋 3-23-14 ダイハツ・ニッセイ池袋ビル 6F
【TEL】03-5949-1355 【FAX】03-5396-8141
【E-MAIL】bwt.entera@jbn.jtb.jp
営業時間:10:00〜17:30 (土日・祝日・年末年始休業)

2017.02.28tue

ベストアルバム『アンコール』が第31回日本ゴールドディスク大賞「ベスト5アルバム」受賞!

昨年12月にリリースしたback number初のベストアルバム『アンコール』が、第31回日本ゴールドディスク大賞「ベスト5アルバム」に選ばれました!

http://www.golddisc.jp/award/31/index.html

2017.02.25sat

back numberのアルバムを制作して遊ぶスマートフォンゲーム「one room studio」スタート!

本日よりback number史上最大規模のアリーナツアー"All Our Yesterdays Tour 2017"がスタートします!

そこでツアー中back numberファンクラブ「one room」会員の皆様に楽しんで頂けるスマートフォンゲームをご用意しました!

back numberのアルバムを制作して遊ぶスマートフォンゲーム「one room studio」

▼one room studioとは?

back numberがこれまでにリリースしたオリジナルアルバムを制作していくスマートフォンゲーム。

依与吏、和也、寿、3人のパートをそれぞれ順次レコーディングして、1枚のアルバムを完成させていきます。
1枚のうち1人分レコーディングが終了すると、その本人が語る当時のエピソードを読むことができます。
また3人分レコーディングが終了して1枚完成させると、
なんと、その作品当時の秘蔵映像を見ることができます!

さらに、5枚をコンプリートすると…!?
続報をお楽しみに。


▼ゲームのナビゲーター『アンコールワットちゃん』

スタジオの守り神「アンコールワットちゃん」は5日連続でレコーディングすると、特別に現れてレコーディングを助けてくれます!
ただし、逆に丸2日以上レコーディングをさぼると、アンコールワットちゃんの機嫌を損ねてアルバムの制作状況がもとに戻ってしまいます。
ご注意ください。



これまでにリリースしたアルバムを制作しながら、
back numberのことをより深く知れる『one room studio』。

back numberのいろんな曲たちや当時を振り返りながら、ツアーと併せて是非楽しんでください!

詳しくはこちら

2017.02.20mon

“All Our Yesterdays Tour 2017”FCブース「会場入会特典&お友達紹介キャンペーン」「モバイルくじ」開催!

「会場入会特典&お友達紹介キャンペーン」

“All Our Yesterdays Tour 2017”各会場のファンクラブブースにて、
「one room」gold key(年額)にご入会頂きますと
入会特典としてアルバム「アンコール」のジャケットカラー、“ブルー”を使用した
『one roomオリジナルピックキーホルダー(ダイヤモンドブルー)』をプレゼント!

また、すでに「one room」gold key会員の方もお友達(gold key新規ご入会者様)をご紹介していただいた方にも
同じくプレゼント致します!

pick.jpg

▼友達紹介の注意事項

※ご紹介者様と新規ご入会者様が一緒にone roomブースへお越し頂き、スマートフォンにてone roomサイトの会員番号をご提示下さい。
※手続きが完了するまで、ご紹介者様も一緒にお待ちいただきますのでご了承下さい。
※新規ご入会者様1名につき、ご紹介者様は1名までとなります。
※silver keyの会場入会特典及びお友達紹介キャンペーンは行なっておりません。
※特典はなくなり次第終了となります。

---------------------------------------------------------

会員限定豪華賞品が当たる
「モバイルくじ」

モバイルくじはone room会員様限定で、1公演につきお1人様1回
スマートフォン端末から実施することができる“くじ引き”です。

抽選結果に応じで公演毎に豪華賞品を当日その場でプレゼント!

各ツアー会場FCブースの掲示、又は会場内で配布されるツアー冊子の
二次元コードを読み込んでチャレンジしてください!

会場にお越しいただいた方で当日入会された方もご参加いただけます!

皆さま是非、ご参加ください!


▼賞品
1等:「サイン入りツアーロゴTシャツ」
2等:「ツアーロゴTシャツ型携帯クリーナー(イヤホンジャック付き)」
3等:「限定壁紙」

mobilekuji.jpg

▼参加方法
各ツアー会場FCブースの掲示、又は会場内で配布されるツアー冊子のファンクラブページにあります二次元コードを読み込んでアクセスしていただければご参加いただけます。
1等、2等は会場にて賞品をお渡しいたしますので、「ファンクラブブース」までお越しください。

▼対象者
back number official fanclub「one room」会員
(gold key 会員、silver key 会員)


▼注意事項
※各公演1会員さま1回のみご参加頂けます。
※賞品は当選者ご本人様のみの引換えに限らせて頂きます。代理での賞品引換は出来ません。
※当日会場に来られない方がくじをひいた場合、当選は無効とさせていただきます。
※賞品の引換は1回のみです。
※賞品の引換は各会場へお越しいただいた方のみとさせていただきます。
※当選当日のみ、賞品との引換が可能です。


----------------------------------------------------

【ファンクラブブース場所・受付時間】


FCブースの場所はツアー特設サイトのグッズページにて随時発表します。
またオープンはグッズ先行販売開始時間と同じ時間を予定しております。


・入会申込後の取消、解約に伴う返金はできません。
・会場でのお支払方法は、現金またはクレジットカードとなります。
(ご利用可能クレジットカード:VISA/Master Card/American Express)
・現金支払いの場合はお釣りのないようにご準備ください。
・クレジットカード決済は電波状況等で予告なく中止する場合もございますので、各会場FCブースにてご確認ください。


【ファンクラブブースでの継続手続に関して】


継続期間中(有効期限月の前後1ヶ月)の方は、
スマートフォンにてone roomサイトの有効期限を表示いただければ、継続手続も行えます。
※継続手続き完了までに1〜3日お時間がかかりますのでご了承ください。
※継続特典は手続きが完了した翌月にお送りします。
※会場限定の継続特典はございません。

http://oneroom.info/
  • 1/57

back